2023-24年度 会長ご挨拶~本年度方針について

会長 菊池 孝顕

― クラブスローガン ―Make yourself happy first!
「まず、自分を幸せにしよう!」

  2023-24年度、会長をさせていただくことになりました。宜しくお願い申し上げます。

 さて、2023-24年度の国際ロータリーのゴードン・マッキンリー会長が打ち出したテーマは
CREATE HOPE in the WORLD
「世界に希望を生み出そう」    と発表されました。
第2830地区 築館智大ガバナーは、スローガンを
“和気満堂”                としました。
このテーマをふまえて、2023-24弘前西ロータリークラブのスローガンは
Make yourself happy first!
「まず、自分を幸せにしよう!」     とさせて頂きます。

 2023年5月、WHOは新型コロナの緊急事態宣言を終了し、日本も5月8日から新型コロナの感染症法上の位置付けを2類相当から5類に変更し、閉塞感の漂った3年間がようやく終了しました。
 もちろん新型コロナウィルスは撲滅されたわけではなく、感染力の高さや、高齢者の病状の悪化の懸念も払拭されたわけではありません。しかし、経済を動かし、人々が通常の生活を送る社会を維持することは、人々の健康を守ることと同じくらい重要です。
 世界も日本もこの3年間でそのことに改めて気付かされたのではないかと思います。
 世界を見ると、2022年2月にロシアがウクライナへ侵攻し、いまだに戦渦が収まっていません。自由主義経済圏の正義とそれと相反する正義とのぶつかり合いで、どちらの正義が本当に正しいのかは、人々の視点や国状、また経済的要素、宗教的な考え方等により、判然とはしていません。
 それは、圧倒的に正しい正義や、圧倒的に正しい考え方、というものは存在せず、それぞれの立場や、受けてきた教育や宗教や道徳により、多様な考え方や感じ方があるのだ、ということがいえるのかもしれません。
 我々は新型コロナウィルスなどの感染症、ウクライナ侵攻がもたらす様々な影響から無縁ではいられません。混沌した世相ですが、自ら希望を持ち、自らがまず幸せになることが大切だと思っています。
 「世界に希望を生み出そう」というテーマはとても壮大であり、人によって捉え方はいろいろあると思いますが、私は「希望を生み出す」=「幸福」であると捉えました。
 世界に希望を生み出すためには、まず、クラブのメンバー自らが幸せであり、クラブのメンバーが、その周囲を幸せにしていく存在になることが希望を生み出す第一歩であると考えます。
 また、当クラブは高齢化が進んでおり、現在の平均年齢は60.8歳です。現状のままで推移した場合、5年後には平均年齢65歳、会員の32%以上が75歳以上になります。
 いままで、いろいろと会員増強をはかってきましたが、思うような結果はでていません。
 そこで無理矢理会員を増強するより、クラブが幸せな場所であり、そしてメンバーが幸せであり、ロータリーの活動を行うことが幸せである、ということを行っていったほうがいいのではないかと考えました。楽しそうに、幸せそうにしているところには自然と人が集まるのではないでしょうか。
 希望を生み出すためには まず自分を幸せにしよう そう願って今年度のクラブスローガンを掲げさて頂きました。

1. 組織とクラブ強化について
 今年度は新たにクラブ強化・戦略委員会を長谷川直前会長を委員長として立ち上げ、将来を見据えたクラブのあり方と会員増強を計ります。直近5〜6年の会長経験者で委員会を構成し、忌憚の無い意見を交換し、今後のクラブ運営の指標を作るべく活動したいと思います。

2. 理事会・例会 〜年間プログラムについて〜
 今年度例会は月2回開催し、会員がより参加しやすいよう、基本的に月に昼1回、夜間1回開催する予定です。
 また、昨年度同様、ペーパーレスを目指し、資料を事前にメール配信します。

3. 友好クラブ交流
 函館五稜郭クラブとの交流を実施します。昨年度はコロナ等の影響により開催が出来なかったため、今年度は是非開催したいと思います。

4. 奉仕プロジェクト
(1) 社会奉仕
「地区補助金プロジェクト」・・・市内小学校へのプログラミング教育
                 教材寄贈を昨年に引き続き実施します。
(2) イベントについて
RI会長の推奨されるイベントを実施できるよう行動し、また様々なアイディアを募集します。

5. R財団〜奨学金(国際奉仕・青少年奉仕)
● 弘前西RC歯車奨学金制度の継続・・・例年通り実施します。
 年間の歯車奨学金寄付目標「会員一人あたり12,000円以上」
 の周知徹底と協力を呼びかけます。
● 米山記念奨学金への支援・・・世話クラブ・カウンセラーの引き受けを実施。
 年間の寄付目標「会員一人あたり“特別寄付20,000円以上” “普通寄付3,000円”」
 (普通寄付は年会費から拠出)の理解にご協力お願いします。
● R財団への寄付・・・「会員一人当たり 年次基金150ドル以上、ポリオ30ドル以上」」
 ポリオについては35年以上にわたり、ポリオ(小児まひ)を世界から根絶する取り組みを行っています。1979年にフィリピンで行った600万人の子供を対象にしたワクチン投与活動がきっかけとなった、このポリオ根絶活動の支援を継続していくために、年間30ドル以上の寄付をお願いします。

以上です。
皆様一年間、どうそ宜しくお願い申し上げます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

弘前西ロータリークラブ ホームページ再開します!

皆様こんにちは。
弘前西ロータリークラブ事務局
常任事務職員 Natsuko TONOSAKI です。

2020年5月の年度前理事会にてホームページを再開することが承認されましたので、2020年6月23日から、試行錯誤しながらも、なんとか公開させていただいております。
拙い編集ではありますが、まずは、「クラブのいま」を、シンプルに、タイムリーに、広く発信していければと存じます。
ぜひご笑覧下されば幸甚です。皆様のご意見・ご感想を伺いながら、日々勉強しながら、改善してまいりたいと存じます。
どうぞよろしくお願いいたします。