ガバナー挨拶

Believe Together ! :  「信じ合おう」

2020-21年度地区ガバナー 源新  和彦(Kazuhiko Genshin)(八戸北RC) 

2020-21年RI会長、ホルガー・クナーク氏のテーマは、「Rotary Opens Opportunities:ロータリーは機会の扉を開く」です。 

クナーク会長エレクトは、奉仕プロジェクトを通じて会員自身や受益者の人生をより豊にするための道を開くのがロータリーであると力説しました。

「奉仕の行いは、その大小にかかわらず、助けを必要とする人たちのために機会を生み出すものであると、私達は信じている」また、「ロータリーはリーダーシップの機会、奉仕のアイディアを実行に移すために世界を旅する機会、そして生涯続く友情の絆を築く機会を与えてくれる」ともおっしゃいました。

『私達のあらゆる活動が、どこかで、誰かのために機会の扉を開いています』

さらに、クナーク会長エレクトは、以下のメッセージをクラブに伝えてほしいとおっしゃいました。

  1. 地区は、新しい革新的なクラブモデルを作ることに積極的に取り組みます。そのためには皆様からのご支援が必要になります。皆様はまた、衛星クラブや地域社会を基盤とするローターアクトクラブを立ち上げることで、参加者の基盤を広げることに貢献できます。
  2. すべてのクラブは毎年、少なくとも1回の戦略会議を開き、皆様には次のことを会員に問いかけて頂きます。「わたしたちのクラブは5年後にどのようなクラブになっているべきか、また、このビジョンを達成するためにどのようなステップを踏むべきか」 「私達のクラブで、会員はどのような価値を得ることができるか」この会議を進行する人を選んで下さい。
  3. 新会員を注意して選びましょう。新会員にとって皆様のクラブがぴったりと合うこと、そして新会員の期待に応えるクラブであることを確認しましょう。新会員の面倒をみて積極的な参加を促して下さい。ロータリアンとなるのに不相応な年齢などありません。
  4. ポリオ根絶のための寄付を行い、10月の世界ポリオデーに合わせた行事・イベントを開催し、これからも根絶活動の支援を継続していきましょう。私たちは、世界の子供達と交わした約束を守らなければなりません。  

私は、ホルガー・クナークRI会長の思いを受けて、以下のような地区スローガンと地区目標を掲げさせて頂きました。

-  地区スローガン  -

Believe Together ! :  「信じ合おう」

“Believe”:ロータリーの仲間同士、地域社会の人々と、ロータリーの可能性を、ロータリーのポテンシャルと未来を信じましょう。

“Together”:共に、集い、手を取り合って、さらに「ロータリーのビジョン声明」の最初の言葉です。

(地区目標)

1.地区事務所(G、GE事務所)の効果的運営の確立

2.退会防止と会員増強(各クラブ純増1名)

3.新クラブの結成(衛星クラブ、Eクラブ)

4.ローターアクトクラブへの新たな支援モデルの策定

5.地区内クラブでの戦略会議の定着

6.デジタル化への対応(My rotary登録率50%超)

7.公共イメージの向上(SNS活用)

8.財団寄付:年次基金150ドル、ポリオプラス30ドル/人  (寄付ゼロクラブゼロ)

9.米山記念奨学寄付:特別寄付1万円、普通寄付3千円/人(寄付ゼロクラブゼロ)

10.ロータリー賞への挑戦(10クラブ以上)

プロフィール

生年月日  1958 年 8 月 29 日

職業分類:浄水処理  (株)アケア  社長

学歴:1977 年  青森県立八戸高校卒

        1981 年  早稲田大学商学部卒

ロータリー歴:

1994 年 8 月 30 日入会(八戸北 RC)   

1998-99 年度  クラブ幹事

2002-03 年度  クラブ会長

2013-14 年度  地区幹事長

2016-17 年度  RID2830 南グループガバナー補佐

2017-19 年度  地区 RLI 委員会  委員長

2019-20 年度  RLI 地区代表ファシリテーター

2019-20 年度  ガバナーエレクト                                      

2020-21 年度  ガバナー          

ロータリー財団大口寄付者  、米山功労者